あの日あの時あの場所で?

復帰!(゚┏д┓゚)ノシ
by factfinder
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

心静まり、そして・・。14

『葭さん、葭さん』

「・・は、はひ」

そういった拍子によだれがたれる。
何しに来たんだこの人・・。

「着いたんですかー?」

「はよ起きんか・・。」

「ご、ごめんなさい」

「まぁええか・・。昨日は夜遅くまで調べまわってくれたからの」

そういえばそうだった。
夜月さんの言葉で思い出し、思い直したボクは葭さんに視線を戻すと、ありがとうねと言った。

「い、いえ!そんな!」

とんでもないですよー、と葭さんは付け加えると、立ち上がって先を促す。

「さぁ!頑張りましょー!」

やんさんもQさんに起こされて起きたみたいで、もう先に進もうとしてる。
ボクも気合入れないと!

動く床が着いた場所は一本道だった。残り三方向は壁で、他に道はなさそう。
暗い道を一歩一歩進んでいくと、先頭を歩く人に合わせてどこからか光がともる。
魔法なのだろうけどすごい技術だ。

「さすがジュピロスという訳か」

Qさんが珍しく感嘆の声を上げる。
それに同意したのか、夜月さんが周囲を見渡しながら話し出す。

「まぁ遺物には違いないが、コレだけの魔法技術。何かに応用できんかの」

「本は無さそうだな、さっきのスペルを見ると」

「そこが問題なんじゃ・・」

「まぁいざとなりゃLuみたくこもればいい」

探求者二人が何事かを話す横で、先を進む葭さんとやんさんが声を上げた。

「あ!お師さんお師さん!行き止まりですよ!」

「そんな訳なかろ。その先にあるはずじゃ」

「ぇ・・。でも・・?」

「扉があるはずじゃ、何かないか?」

「コレの事じゃないんですかね?扉みたいだ」

ボクがそう言うと葭さんが覗き込んできた。
ごしごしと目をこすり、何か無いか探している。

「あ~。ほんとだ!」

「あったじゃろう?」

いつもの笑顔で近寄る夜月さんは、扉を前に止まる。
大きな扉だった。一見するとただの壁だけど、扉の両端、両手を広げてやっとというところに、目の様な形の文字がふたつ。
そこに夜月さんは手を向けると、ボク達を下がらせて先ほどと同じような魔法力を送り出した。
すると、ゴゴゴという音と共に、内側に扉が開きだした。

「器用なもんだな。魔法力の波長をよく変えるもんだ。真似できねぇ」

「属性変換は得意じゃからの」

そういうといつもの笑顔。

「到着じゃ」

先頭に夜月さん、その後をやんさん、Qさん、葭さん、ボクと続く。
ここが目的地か・・。
扉の内側は、だだっ広い空間になってるみたいだった。
だったというの周囲が暗すぎて見えないから。

「た、しか。」

そう言うと夜月さんは暗闇に姿を消す。

『夜月さん!?』

心配になって声を上げたボクに返事をするかのように、周囲は段々と明るくなっていった。
明るくなるというよりこれは・・ど、どうなってるんだ・・!?
まず光の点がいくつも足元から湧き出した。
その光点は足元から頭上にかけて少しずつ位置をずらし、中央上空で止まる
蛍のようなその光は、その場所で幾重にも重なり合うと、辺りを照らすべく一層強い光を放ちはじめ、そこに漂いだした。

「なんじゃー?」

夜月さんは少し向こうにいて、こちらに向かって歩いてきているところだった。
[PR]
by factfinder | 2006-06-13 16:24 |